先物取引というとどんなイメージがありますか?リスク管理さえすれば商品先物取引は恐いものではありませんよ。
商品先物取引をはじめよう

商品先物取引とは?

商品先物取引の詳しい説明については、商品先物取引会社などのHPを見てもらえばよくわかりますが、本サイトでも一応簡単に説明しておきます。

商品先物取引とは、「商品取引所法」により日本国内に設置された商品取引所の商品市場において行われる取引であり、将来の受渡し時期と価格を現時点で決めて行うものです。そして、その期限内であれば、実際に商品の受渡しをしなくても反対売買することによって差金の授受で決済することもできます。

このような仕組みを利用し、利益を得ようとする投機が行なえます。そして、先物取引には大きな特徴があり、それは総取引金額の5〜10%程度の少額の資金(委託証拠金)を担保として取引を始めることができます。

例えば、総取引金額が200万円の商品の先物取引を行なう時は、20万円程度の委託証拠金を預託すれば取引をはじめることができるのです。しかし、商品取引所の相場はさまざまな要因で常に変動しており、しかも値動きは商品そのものの価格ですから、200万円であったものが230万円に上がったり、逆に180万円に下がったりします。値上がりを予想し、200万円で買付けて230万円で転売すれば、30万円の利益になりますが、逆に180万円に値下がりしてしまったときに転売すると20万円の損失となります。

上記のように、少額の資金で大きな取引きが出来ますので、自分の思った通りの値動きをすれば、短期間で大きな利益をあげることも可能ですが、自分の思った逆の値動きをした場合、大きな損失を生じてしまう可能性も高いのです。

このような取引なので、やり方によっては商品先物取引は「ハイリスク・ハイリターン」の取引になってしまいます。従って、先物取引きをはじめる際には、商品先物取引のしくみ等を十分に理解した上で、自分自身の責任によって行なう事が大切です。そして、取引きで損失が生じた場合は、自分自身がそれを負わなければならないのですから、その辺を十分にご考慮下さい。

 

Menu

トップページ

商品先物取引とは

先物取引との出会い

先物取引と株式

先物取引の始め方

先物取引会社の選び方

仮想先物取引

リスク管理

先物取引は儲かるのか?

コミッション外務員

曲がりやをみつけろ!

私の取組み方

外国為替証拠金取引

たまに一言

リンク集